教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ

 TOPページ
   機械工学TOP
   
 エンジン実験装置


 TD200
 小型エンジン実験装置

TE1S
 ガラスシリンダーエンジン

MP100
 ガラスシリンダーエンジン
 実験装置


MP150FI
 ガラスシリンダーエンジン性能
 実験装置(キャブ&EFI)


MA10-TE1
 ガラスシリンダーエンジン性能
 実験装置MA(キャブ&EFI)

MA10-R120C
 空冷ガソリンエンジン
 性能実験装置(EFI)



 ディーゼルエンジン

MA50-L70V
 空冷ディーゼルエンジン
 性能実験装置


MA50-TF70V
 水冷ディーゼルエンジン
 性能実験装置






 エンジン性能実験装置
カタログダウンロード 970KB



 自動車整備教育機器
カタログダウンロード 2,630KB





このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。




















































































































































































































MA10-TE1
MA10型ガラスシリンダーエンジン性能実験装置
 
キャブレター&電子制御式燃料噴射(EFI)

燃焼状況を観察できるガラスシリンダーエンジンと水冷渦電流式電気動力計、燃料・吸気量測定装置、制御装置等で構成された実験装置です。燃料の供給はキャブレター方式又は電子制御式燃料噴射方式(EFI)で運転できます。
回転数固定-負荷可変実験、又は負荷固定-回転数可変実験を行うことができ、エンジン回転数(rpm)、トルク(N・m)、燃料消費量(cc/h)、エンジン温度(℃)、吸気量(m3/h)、エンジン出力(kW)をリアルタイムにPC(別売)上に表示します。計測されたデータはCSV形式で保存出来ますので実験と解析をスムーズに行うことができます。

電子制御式燃料噴射システム(EFI)運転
EFI燃料噴射量(リーン・リッチ)を手動ボリュームで簡単に変更することができ、燃料噴射にかかわるパラメータをパソコンで設定変更することが出来ます。

キャブレター運転
ガソリン、アルコール、アセトン、メタノール、エタノール等の燃料を使用して、スロットルバルブと燃料供給バルブを調整しながらエンジンを運転します。燃料経路が2系路あり、2種類の燃料をキャブレターで混合して運転を行うことができます。
オプションのAC16-1(別売)を利用することで燃料消費量はピペットで目視計測し、吸気量は浮遊式流量計で目視計測します。

オプションの指圧線図測定装置
MA131(別売)を追加することにより、P-θ及びP-V線図をリアルタイムにPC(別売)上に表示すると共に、測定データをCSV形式で保存し解析することができます。





シリンダー内部燃焼状況 

EFI制御画面

MA10動力計制御画面

P-V線図画面(オプション)
クリックすると画像が拡大します。

参考写真(上記写真にはオプションのMA131、PCDXP、AC16-1、MA120が含まれています)
制作にあたり装置構成や形状が変更される場合がありますので予めご了ください。




高専機構様の広報映像でMA10-TE1のハイスピードカメラ映像が紹介されています。 (03:00~03:22の間)
下記高専機構サイトでご覧いただけます。


 【中学生・保護者の方へ】
 1.21世紀の技術者を目指して-高等専門学校-(約16分)
 (03:00~03:22の間)
 http://www.kosen-k.go.jp/joho_kouhou_movie.html


その他参考動画  
 

 MA10-TE1 基本構成
 

ガラスシリンダーエンジン  形式:TE1

形式

排気量

最大出力
連続定格出力

回転数
圧縮比
:4-サイクル、空冷、単気筒、OHV
 透明ガラス製シリンダー
:約67cc(内径40Φx行程50mm)
:370W 1/2HP
:250W

:400 ~ 3500rpm
:3:1又は4:1(組替え)


燃料供給方式
燃料タンク
燃料
寸法
重量
:キャブレター
:約100ccx2個
:ガソリン、アルコール、アセトン
 エタノール、プロパンガス等

:W300xD300xH480
:約20Kg

水冷渦電流式電気動力計  形式:MA10

最大吸収動力
最大回転速度
トルク計測

:7.36KW (10PS) / 10000 r.p.m.
:15000r.p.m.
:ロードセル式



制御装置(ソフト含む)  形式:MA110

制御装置:
回転数設定用ボリューム(手動)
対応OS:WindowsXP,VISTA,7(32bit)

ソフトウェア(PC別売):
エンジン回転数表示
トルク表示
燃料消費量表示(EFI運転時)
吸気圧力表示
エンジン温度表示
データ保存:CSVファイル形式


電子制御式燃料噴射システム  形式:MA120

キャブレターシステムと組替えて運転します。
EFI燃料噴射量(リーン・リッチ)を手動ボリュームで簡単に変更することができます。
また燃料噴射にかかわるパラメータをパソコンで設定変更することが出来ます。

構成:
EFIモジュール、燃料タンク、燃料ポンプ、リーン・リッチ調整ボリューム、燃圧計、ECU、ソフトウェア


 MA120 電子制御式燃料噴射システム概要ダウンロード(234KB)



クリックすると画像が拡大します。

無給油空気圧縮機  形式:MLP7D-4S

ガラスシリンダーエンジンと電気動力計を空気冷却するためのコンプレッサと圧力調整バルブ。

寸法
重量
電源
:W600xD350xH600mm
:約25Kg
:AC100V




装置全体寸法
装置全体重量
電   源
:約L2500 x D700 x H1600mm (実験デスク&パソコンラック配置時)
:約185Kg
:AC100V  50Hz/60Hz





 追加オプション(別売)



指圧線図測定装置
  形式:MA131

P-θとP-V線図をリアルタイムにグラフ表示&CSV形式でPC(別売)に保存します。


P-θ

P-V線図
クリックすると画像が拡大します。

データ収集装置  形式:PCDXP

インターフェースとのデータ交換を行い、各種計測値の表示と保存を行います。


燃料・空気消費量測定装置  形式:AC16-1

キャブレターシステム運転時の燃料消費量、吸気量を計測します。
構成:燃料タンク2L x 2、ピペットx2、浮遊式流量計、サージタンク
寸法・重量:L450xD440xH760mm   約20Kg

実験用デスク 形式:MA102

エンジン、動力計、燃料・吸気量測定装置を載せるための実験デスクです。 寸法:約W1800xD750xH740mm  約25Kg



排気配管工事

排気ダクト工事は含まれていませんので、排気ダクト工事が必要な場合はご相談下さい。







Copyrightc2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved