教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ
 TOPページ
   制御工学実験装置TOP
   
 Control Engineering
  CE103
 温度制御実験装置
    CE105
 連結タンク水位制御実験装置
    CE106
 ボール&ビーム制御実験装置
    CE107
 エンジン回転数制御実験装置
    CE108
 従動システム制御実験装置
    CE109
 ボール&フープ制御実験装置
    CE110
 サーボシステム制御実験装置
    CE120
 コントローラ
   CE122
 デジタルインターフェース
   CE2000
 コントロールソフトウェア

 MATLAB/Simulink Control
    CE150
 ヘリコプター姿勢制御実験装置
    CE151
 ボール&プレート制御実験装置
    CE152
 磁気浮上制御実験装置

 Process Control
    CE117
 プロセス制御実験装置
    TE3300/02
 圧力プロセス制御実験装置
    TE3300/03
 流量プロセス制御実験装置
    TE3300/04
 水位プロセス制御実験装置
    TE3300/05
 温度プロセス制御実験装置 
    TE3300/06
 コンピュータ制御実験装置




このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。















































剱岳周辺 

 CE103
 温度制御実験装置 Thermal Control Process Apparatus



クリックすると画像が拡大します

温度を制御するための卓上型実験装置です。
装置には通風ダクトがあり、ダクト内は可変速ファン、電気ヒータ付き空冷ブロック、サーボ駆動式可変翼で構成されています。
加熱コイルへのエネルギー調整、空気流量の変化、翼を可変させて熱制御を行います。加熱により得た熱と、対流と伝導で失った熱がつり合うと空冷ブロックは定常温度となります。
空冷ブロックでは2個の温度センサ(測温抵抗体)が温度を測定しています。ブロックに直接接触された温度センサは直接温度を測定します。絶縁スペーサによりブロックから離れて取り付けられた温度センサは熱慣性と熱時定数を導きます。
前面パネルにはダクトと各部品が分かりやすく描かれているので今何を制御しているのかが明確に分かるようになっています。


※制御実験装置の取扱説明書及びソフトウェアは全て英語仕様となっておりますので予めご了承ください。

 
 
【必須補助装置】(別売)
※実験を行うために少なくとも下記の内1台を選択して下さい。
 コントローラ CE120
制御実験装置をアナログ制御するための制御ブロックとPC(別売)接続用インターフェース
 デジタルインターフェース CE122
PC(別売)と制御実験装置を接続するためのインターフェース
 
コントローラ(CE120)、デジタルインターフェース(CE122)には、ソフトウェア(CE2000)が標準装備されています。

 

寸法・質量 : 540x330x420mm 約17.0Kg
供給電源 : AC110/240V, 1A, 50/60Hz

入力:DC0〜10V
 ファン速度
 翼位置
 ヒステリシスリレー入力(DC0〜±10V)
 ヒステリシスリレー制御

出力:DC0〜10V
 温度センサ1 (直接)
 温度センサ2 (断熱スペーサ)
 ヒステリシスリレー出力


   
【実験項目】
熱伝達。オン/オフ制御−過不足運転、オンとオフの時間割合、加熱と冷却の割合
オフセットとヒステリシス
比例、比例+積分、比例+積分+微分制御
モデルプロセスの周波数応答
熱慣性と熱時定数。多変数制御−3変数までを監視し個別に制御できる

 

  
クリックすると画像が拡大します

制御工学実験装置 カタログダウンロード(PDF 815KB)・・・・右クリックで対象を保存




Copyright(c)2009 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved