教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ
 TOPページ
   制御工学実験装置TOP
   
 Control Engineering
  CE103
 温度制御実験装置
    CE105
 連結タンク水位制御実験装置
    CE106
 ボール&ビーム制御実験装置
    CE107
 エンジン回転数制御実験装置
    CE108
 従動システム制御実験装置
    CE109
 ボール&フープ制御実験装置
    CE110
 サーボシステム制御実験装置
    CE120
 コントローラ
   CE122
 デジタルインターフェース
   CE2000
 コントロールソフトウェア

 MATLAB/Simulink Control
    CE150
 ヘリコプター姿勢制御実験装置
    CE151
 ボール&プレート制御実験装置
    CE152
 磁気浮上制御実験装置

 Process Control
    CE117
 プロセス制御実験装置
    TE3300/02
 圧力プロセス制御実験装置
  TE3300/03
 流量プロセス制御実験装置
    TE3300/04
 水位プロセス制御実験装置
    TE3300/05
 温度プロセス制御実験装置 
    TE3300/06
 コンピュータ制御実験装置




このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。







































  剱岳周辺  

 TE3300/03 
流量プロセス制御実験装置 Frow Process Training System



クリックすると画像が拡大します

実用に近いシステムを利用して流量制御を行う実験装置です。

水槽と3段変速ポンプ、流量調整用空圧バルブ、ロータメータとオリフィス流量計(トランスミッタ付)、コントローラとチャートレコーダで構成され、チャートレコーダは圧力変化とコントローラ出力を記録します。

オリフィス流量計からの信号はコントローラをフィードバック制御します。

その他2個のゲートバルブの内一つが出口の流量を制御し、もう一つはバイパスバルブの働きをします。

装置は比例、比例+積分、比例・積分+微分(PID)制御を利用した流量の自動制御を行います。

TE3000/02圧力プロセス制御実験装置(別売)やTE3000/04水位プロセス制御実験装置(別売)に連結してカスケード制御の実験が行えます。
またTE3300/06コンピュータ制御システム(別売)に接続して分散制御実験を行うこともできます。




 
 
【必須補助装置】(別売)
 コンプレッサ 3bar PN3
オイルを含まない0.5L/secの空気を供給できる安定給気源



【推奨補助装置】
 圧力プロセス制御実験装置 TE3300/02
 水位プロセス制御実験装置 TE3300/04 
 コンピュータ制御実験装置 TE3300/06 
寸法・質量:700x800x1750mm  約120Kg
供給電源 :単相230又は三相220V  0.5A  50/60Hz
【実験項目】
PID(比例・積分・微分)制御。
自動制御装置のセットアップとデモンストレーション。
ループ制御の原理とコントローラ、トランスミッタ、コンバータ、バルブのキャリブレーションと調整。
差圧トランスミッタ付きオリフィス流量計のキャリブレーション。
二次の流量則と開平法。


【追加実験項目】
流量と圧力のカスケード制御
(TE3300/02圧力プロセス制御実験装置に接続して使用の場合)

流量と水位のカスケード制御
(TE3300/04水位プロセス制御実験装置に接続して使用の場合)

分散制御
(TE3300/06コンピュータ制御実験装置に接続して使用の場合)

 
 

 
シンボル内訳:
  FR=流量レコーダ
  FIC=流量制御装置
  I/P=圧力指示
  FT=流量トランスデューサ
  FCV=流量制御(バルブ)
  GV=排水ゲートバルブ(手動)
  BV=バイパスバルブ(手動)

クリックすると画像が拡大します



制御工学実験装置 カタログダウンロード(PDF 815KB)・・・・右クリックで対象を保存




Copyright(c)2009 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved