メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 オンラインショップ 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ
 TOPページ
 エネルギー・熱工学TOP
 冷凍・空調工学TOP
 
   
 MET8501H-R404a
 冷凍・空調実習装置
   
 EC1500
 冷凍サイクル実験装置
   
 EC1501
 空調システム実験装置
   
 KITS Windows3.2
 冷媒の熱物性及びサイクル
 性能計算用ソフト

   
 VDAS
 データ自動収集システム

 






このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。








































































































 
EC1501 空調システム実験装置

生活水準の向上やさまざまな産業において広く使用される空調システムは、生活の快適さを維持するだけではなく、工業プロセス環境の制御も指します。空調システム実験装置EC1501は、冷却と除湿プロセス、冷凍システムの熱力学的プロセスを実証します。
冷媒にR134aを使用した卓上型実験装置は、解放ダクト中央にエバポレータ(蒸発器)、右端にファン及び流量調整用ディスクが配置され正面の透明アクリルプレートは、内部のセンサやエバポレータが観察できるようになっています。

冷凍システム温度、ダクト出入口温・湿度、高・低圧力は、コントロールパネルLCDディスプレイにデジタル表示すると共に、付属のVDASソフトウェアを利用して、PC(別売)上で各種データ表示と収集、p-h線図・湿り空気線図を描画します。



 冷凍・空調工学カタログダウンロード 1900KB



空調システム実験装置 空調システム実験装置
VDASソフト画面

湿り空気線図
VDASソフトp-h線図画面(参考図)
クリックすると画像が拡大します
 

空調システム実兼装置 回路図 P-h線図
装置回路図 VDASソフトP-h線図画面(参考図)
クリックすると画像が拡大します


 
主な実験内容(参考)

 実験1 湿り空気線図の使い方
 実験2 空調プロセスのデモンストレーションと分析(比エンタルピー、相対湿度、絶対湿度)
 
実験3 空気流量変化が空調プロセスに及ぼす影響
 実験4 冷凍サイクルの実証と分析(断熱係数、成績係数、過冷却度、過熱度)
 

EC1501仕様
寸法・重量 :1020 x 600 x H860mm、約72kg
電源 :AC100V/5A  50/60Hz
空気流量 :最大約295m3/h
ダクト内寸法 :152mm x 152mm
コンプレッサ(圧縮機) :全密閉形レシプロ式
   馬力 :1/8HP
   押しのけ量 :4cm3
   冷凍能力 :329W 
冷媒 :R134a, HFC, 沸点-26.4℃(大気圧101.3kPa)
温度膨張弁 :内部均圧方式
圧力スイッチ

:低圧側 圧力1bar, 開閉圧力差1bar
:高圧側 圧力15bar, 開閉圧力差4ba

温度計測 :K型熱電対4ヶ所(コンプレッサ出入口、温度膨張弁出入口)
気温・湿度計測 :温湿度センサ2ヶ所(ダクト出入口)
連成計 :2個(高圧用、低圧用)
圧力センサ :2個(高圧用、低圧用)
   
保護回路

:圧力スイッチにより、過度な圧力上昇・低下を防ぎます。
  圧力が高い又は低すぎると、システムがシャットダウンし警告灯が点灯

   
操作温度範囲 :+5℃から+30℃ ※装置使用時の周辺温度は約20~25℃を推奨します
ノイズレベル :70dB
付属品 :VDASソフトウェア、受け皿 ※PC別売
PC環境(別売) :Intel i5又は同等以上、Windows 7以上
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199  E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved