教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ
 TOPページ
 水理工学TOP
   
 水供給装置(デジタル表示、循環式) 
H1F ハイドロリックベンチ
   
 水の流れ 
H5 ベンチュリメータ実験装置
H6 せき実験装置
H10 流量計測実験装置
H40 流量計の特性実験装置
   
 管水路の損失水頭
H7 管摩擦損失実験装置
H16 配管の圧力損失実験装置
H34 配管のエネルギー損失実験
H408 配管の損失水頭実験装置
   
 ポンプとタービン
H18 フランシスタービン実験装置
H19 ペルトンタービン実験装置
H31 水槌ポンプ実験装置
  H83 直列と並列渦巻ポンプ実験
H47 渦巻ポンプ実験装置
MFP100 ユニバーサルダイナモメータ
MFP101 渦巻ポンプとタービン実験
MFP102 軸流ポンプ実験装置
MFP103 容積移送型ポンプ実験
   
 噴流と衝突、キャビテーション
H4 オリフィスの流れ実験装置
H8 ジェット流衝突実験装置
H33 オリフィス流れと噴流軌道
H400 キャビテーション実験装置
   
 流れの可視化
H9 ヘルショウ実験装置
H13 渦流実験装置
H215 レイノルズ数と遷移流実験
   
 水撃作用とウォーターハンマー
TE58 水槽と貯水タワー実験装置
TE86 ウォーターハンマー(水撃)
H405 サージタンクとウォーターハンマ
   
 フローチャンネル(開水路)
H12 5Mフローチャンネル
H23 2.5Mフローチャンネル
   
 流体静力学
H2 浮遊物安定性実験セット
H3a 圧力計補正実験装置
H11 静水圧実験装置
H30 圧力計測実験装置
H314 流体静力学実験装置
H311 液体の沈澱特性実験装置
   
 水工学(降雨、浸透)
H312 浸透水の可視化
H313 降雨と流水シミュレーション





このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。



































H1F
 ハイドロリックベンチ Digital Hydraulics Bench
2016年10月より、重量式・容積式ハイドロリックベンチが改装され、デジタル表示式のハイドロリックベンチとなりました。







クリックすると画像が拡大します
 
水理工学実験装置において、各種実験装置へ水を供給するための循環式給水装置です。
装置は、貯水タンクと電動ポンプ、流量調整バルブとデジタル式流量計で構成され、ポンプから吐出される水量をデジタル表示します。
また、コンパクトに設計された強化プラスチック製キャスター付きベンチは、さまざまな場所へ容易に移動することできます。
 
H1F 仕様
貯水タンク容量 :100L〜160L
最大流量 :55 L.min-1
最大圧力 :450 mbar
デジタル表示 :L.s-1 と L.min-1
デジタル表示範囲 :2.5〜55L.min-1
分解能 :0.001 L.s-1 と 0.1 L.min-1
寸法・重量 :W1250xD780xH950mm  約50kg(乾燥時)
電源 :単相AC100V  0.2kW
 
 
ハイドロリックベンチ上へ配置する製品 
 

クリックすると画像が拡大します
H4 オリフィスの流れ実験装置
H5 ベンチュリメータ実験装置
H6 せき実験装置
H7 管摩擦損失実験装置
H8 ジェット流衝突実験装置
H10 流量計測実験装置
H13 渦流実験装置
H18 フランシスタービン実験装置
H19 ペルトンタービン実験装置
H31 水槌ポンプ実験装置
H33 オリフィス流れと噴流軌道実験装置
H34 配管のエネルギー損失実験装置
H40 流量計の特性実験装置


 
ハイドロリックベンチと離して配置する製品 
 

クリックすると画像が拡大します

H16 配管の圧力損失実験装置
H23 2.5Mフローチャンネル(水路)
H405 サージタンクとウォーターハンマー実験装置
H408 配管の損失水頭実験装置



 

参考動画(英語版)




水理工学実験装置 カタログダウンロード(PDF 3000KB)・・・・右クリックで対象を保存
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199
E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved