教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ



 TOPページ
 
エネルギー・熱工学TOP
 熱工学TOP




 TD1001
 シャルル(ゲイリュサック)
 の法則実験装置

 TE78
 沸騰と凝縮熱伝達実験装置
 TE85
 自然対流と熱放射実験装置

 TD1
 強制対流熱伝達実験装置


 TD1002
 熱伝導実験装置

 TD1005
 自然・強制対流
 熱伝達実験装置

 TD360
 熱交換実験装置

 TD1007
 空冷式熱交換実験装置
 TE93
 直行流式熱交換実験装置

 MET8501H-R404a
 冷凍・空調実習装置
 KITS Windows32
 冷媒の熱物性及びサイクル
 性能計算用ソフト

 TD400
 温度計測と校正実験装置

 TD1006
 ボイラー実験装置

 TD1050
 スチームエンジンと
 エネルギー変換実験装置

 GT185
 2軸ガスタービン実験装置

 GT100
 ターボジェットエンジン
 実験装置

 GT100RS
 ターボジェットエンジン
 実験装置アフターバーナ付

 TE38
 太陽光集熱実験装置

 TE39
 太陽光集熱板実験装置
 TD2015
 PρTx性質測定実験装置
 



このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。






















































 
TE39 太陽光集熱板実験装置

再生可能で環境に優しいエネルギー源の利用について太陽光集熱効率と熱損失の測定実験を行います。
住宅暖房用や水泳プール用等に使用される装置と同様のしくみで、プレートに配列された配管と透明アクリルカバー、角度調節機構を備えた可搬架台、混合ポンプと感圧バルブ、制御ユニットで構成され、プレート背面には熱損失を軽減するための断熱処理が施されています。
水道などから供給された冷水は、流量計とバルブを通り、集熱板で加熱されてポンプへ入ります。ポンプから排出された温水は供給された冷水と混ざり再度集熱板に向かいます。給水圧力によって逃し弁が作動し温水を放出することで内部圧力を制限します。
制御ユニットは、冷水流量と日射量、冷水温度と集熱板入口/出口温度、周辺温度をデジタル表示器し、集熱板のエネルギー効率と熱損失を明らかにします。オプション(別売)のデータ自動収集システムVDAS-F(別売)を使用することで、各種データをリアルタイムにPC(別売)に収集すると共に、実験結果を解析することができます。

 エネルギー&熱工学カタログダウンロード 3600KB



クリックすると画像が拡大します

VDAS-F(別売)ソフト画面



オプション(別売)
データ自動収集システム VDAS-B

参考システム図 クリックすると拡大します


TE39仕様
本体最大寸法
重   量
制御ユニット寸法・重量
電   源
圧力逃し弁
集熱板カバー
集熱板面積
集熱板有効面積
エネルギー吸収
最大給水圧力
操作温度範囲
:2400 x 1100 x H1500mm
:約120kg
:400 x 350 x H180mm、約13kg
:AC100V又はAC200V  50/60Hz
:0.69bar
:アクリル製
:1.8m2
:1.6m2
:約600W
:3bar
:+5℃から+40℃




Copyrightc2012 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved