メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ 求人情報
 TOPページ
 エネルギー・熱工学TOP
 冷凍・空調工学TOP
 
   
 MET8501H-R404a
 冷凍・空調実習装置
   
 EC1500
 冷凍サイクル実験装置
   
 EC1501
 空調システム実験装置

   
 KITS Windows3.2
 冷媒の熱物性及びサイクル
 性能計算用ソフト

   
 VDAS
 データ自動収集システム

 






このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。








































































































 
EC1500 冷凍サイクル実験装置

冷媒R134aを使用した卓上型冷凍システムです。
圧力-比エンタルピー線図(p-h線図)について学び、エンタルピー変化から過冷却と過熱、成績係数(COP)を導き出します。
冷凍回路は、高・低圧計、圧力スイッチ、温度膨張弁、サイトグラス、ドライヤを備えており、水タンクに沈められたエバポレーターコイル(蒸発器)とコンデンサーコイル(凝縮器)は温度変化を正確に収集、ヒートポンプを明確に実証することができます。タンク内の水は定常状態を保つためポンプにより循環します。

高・低圧力及び各部の温度は、コントロールパネルLCDディスプレイにデジタル表示すると共に、付属のVDASソフトウェアを利用して、PC(別売)上で各種データの表示と収集、p-h線図を描画します。

 冷凍・空調工学カタログダウンロード 1900KB




VDASソフト画面


VDASソフトp-h線図画面
クリックすると画像が拡大します
 

装置回路図 冷媒の相変化
クリックすると画像が拡大します


 
主な実験内容(参考)

実験1 ヒートポンプサイクルの実演と性能解析
実験2 温度と圧力の関係
実験3 異なる熱源とヒートシンク温度におけるヒートポンプサイクル性能
実験4 コンプレッサーの断熱効率と体積効率の決定
実験5 蒸気圧縮冷凍と逆カルノーサイクルの性能比較
 

EC1500仕様
寸法・重量 :825 x 500 x H845mm、約58kg
電源 :AC100V/5A  50/60Hz
給水 :7L(約20℃〜23℃)、クリーンな水(蒸留水や精製水を推奨)
コンプレッサ(圧縮機) :全密閉形レシプロ式
   馬力 :1/8HP
   押しのけ量 :4cm3
   冷凍能力 :329W 
コンデンサー(凝縮器) :外径1/4“コイル管-12回転、銅製、伝熱面積0.052m2
エバポレーター(蒸発器) :外径3/8“コイル管-9回転、銅製、伝熱面積0.063m2
冷媒 :R134a, HFC, 沸点-26.4℃(大気圧101.3kPa)
温度膨張弁 :内部均圧方式
圧力スイッチ

:低圧側 圧力1bar, 開閉圧力差1bar
:高圧側 圧力15bar, 開閉圧力差4ba

温度計測 :K型熱電対6ヶ所(コンプレッサ出入口、温度膨張弁出入口、水タンク内)
連成計 :2個(高圧用、低圧用)
圧力センサ :2個(高圧用、低圧用)
保護回路

:圧力スイッチにより、過度な圧力上昇・低下を防ぎます。
  圧力が低すぎると、コントロールパネルの低圧警告灯が点灯
  圧力が高すぎると、システムがシャットダウンし高圧警告灯が点灯

操作温度範囲 :+5℃から+30℃
ノイズレベル :80dB
付属品 :VDASソフトウェア、受け皿、排水タンクとホース ※PCは別売
PC環境(別売) :Intel i5又は同等以上、Windows 7以上
 

※最良の実験を行うために、水タンク内の水温度は約20℃〜23℃としてください。
※実験開始時、2つの水タンク温度は同じでなければなりません。(水タンク容量:約7L) 

メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199  E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved