メガケム

株式会社 メガケム
教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ オンラインショップ
 TOPページ
 エネルギー・熱工学TOP
 スターリングエンジンTOP
   
 SOLAR1
 ホットエアー
 スターリングエンジン
 SOLAR3
 バキュームエンジン
 SOLAR4
 サンランナー
 スターリングエンジン
 SOLAR6
 スターリングエンジン扇風機
 SOLAR7
 ガラスシリンダー
 スターリングエンジン
 SOLAR10
 ピーナッツライダー
 スターリングエンジン
 SOLAR12
 エリックソンポンピング
 スターリングエンジン

 SOLAR13
 シンキングマンスターリング
 エンジン組立キット

 SOLAR15
 ガラスシリンダー
 スターリングエンジン
   
   
   実験装置他
   
 4372C
 スターリングサイクル
 性能実験装置
 289 / 304
 メガムーバ
 機構説明パネル

   
   その他 エンジン模型
   
 R-WC-C
 空冷レッドウイングエンジン
 R-WC-F
 水冷レッドウィングエンジン
   
   
   
   
   
   
   

このマークのリンク先はPDFファイルですアドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。
















































































































































































































 
 
4372C スターリングエンジン性能実験装置
 
 
ヒートポンプサイクルや冷凍サイクルとして機能するスターリングエンジン性能実験装置は熱工学の実演には非常に適しており、エンジンで発生した動力をモータ発電機で電気エネルギー(W)又はトルクメータで機械エネルギー(Nm)に変換します。また、外部電源(別売)を使用した冷凍サイクル実験も行うことができます。
付属のインターフェースとソフトウェアは、シリンダ内圧力(kPa)、回転数(rpm)、シリンダ内容積(cm3)とクランク角度、ディスプレーサ加熱側と冷却側温度データをPC(別売)へリアルタイムに表示・P-V線図を描画し、スターリングエンジンの効率を推定することができます。
 
 
 
参考写真(電気出力実験) クリックすると写真が拡大します
上記写真にはオプション(別売)の可変抵抗器とデジタルマルチメータ、ノートPCが含まれています
 
 
 4372C 部品構成
1.
04372-00 ガラス製スターリングエンジン
2. 04372-01 モータ発電機ユニット
3. 04372-02 トルクメータ(プローニーブレーキ)
4. 04372-04 アルコールランプとチムニー
5. 04372-10 データロガーモジュール
6. 02591-03 20mL注射器(圧力センサ校正用)
7. 07361-01 赤色配線ケーブル500mm(2本)
8. 07361-04 青色配線ケーブル500mm(3本)
9. 13615-01 熱伝対Nicr-Ni (2本入)
10. 14580-61 measureLAB ソフトウェア
※上記各部品は単品でも購入可能です  
 
モータ発電機ユニット取付写真
     ページ先頭へ戻る

データロガーモジュール取付写真
 
トルクメータ(プローニーブレーキ)取付写真
 
 
P-V線図測定画面参考図(PC別売)
 
 参考写真 クリックすると写真が拡大します
 ページ先頭へ戻る
 
 
 4372C 技術仕様
 
04372-00  ガラス製スターリングエンジン
寸法・重量 :290Lx200Dx150Hmm 約700g
回転数 :最大約800~900rev.min-1(無負荷時)
最大出力 :約1W
パワーピストン容積 :最小=32cm3 最大=44cm3
注意:回転センサの計測許容範囲は1000 rev.min-1までです。
それ以上の回転数になるとセンサ表示が誤作動しますので、
1000 rev.min-1以上にならないように制御してください。
   
04372-01  モータ発電機ユニット
モータ供給電圧 :最大12V(冷凍サイクル運転)
豆電球 :4V/40mA
ベルト直径 :150mm(円周約475mm)
   
04372-02  トルクメータ(プローニーブレーキ)
測定レンジ :0~25.10-3Nm
分解能 :1・10-3Nm
   
measureLAB ソフトウェア動作環境
OS :Windows 8/10/Mac 10.9以降
CPU :Core 2 Duo 2GHz, i5 2.4GHz以上
必要メモリ :4GB以上
必要ディスク容量 :必要ディスク容量 8GB以上
ディスプレイ : 1280×720以上
ファイル出力 :CSV, EXCEL形式
※ソフトウェアは英語版となりますので予めご了承ください。 
 
 ページ先頭へ戻る
 
 

クリックすると写真が拡大します
冷凍サイクル実験

外部電源(最大DC12V)を使用してモータを駆動し、冷凍サイクルを実演することができます。
左の写真は、安定化電源(別売)を使用した実験例で、ディスプレーサ加熱側の温度が低下していることがわかります。
 
 
 
 追加オプション(別売)
 
 
可変抵抗器  型式:06116-02
   
モータ発電機ユニットと接続して、スターリングエンジンに可変抵抗を与えることができます。

 抵抗値:330オーム、±10%
 高負荷容量:1.0 A
 短期負荷:最大1.4A 15分
 寸法:L420×D90×H150 mm

   
   
デジタルマルチメータ  型式:07129-00
   
可変抵抗器を使用した実験において、スターリングエンジンから出力される電圧・電流値を計測します。

DCV、ACV、DCA、ACA、ダイオードチェック
導通チェック(ブザー)

参考写真
 
 ページ先頭へ戻る
 
 
 
 参考動画(電気出力) オプションとPC(別売)が含まれています
 
 
 参考動画(トルク計測) PC(別売)が含まれています
 
 ページ先頭へ戻る
 ページ先頭へ戻る
メガケム
株式会社メガケム
教育機器の設計・製作・輸入販売
〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188 FAX:045-937-5199
E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved