メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ 求人情報


 TOPページ
 エネルギー・熱工学TOP




 燃料電池デモンストレーション
 デモンストレーション用セット

 燃料電池実験装置
 教育用の実験セットです

 燃料電池セルとスタック
 水素&酸素(空気)で発電


 メタノール燃料電池
 メタノール溶液により発電


 水電気分解装置
 
水素ガスと酸素ガスを発生


 その他補助部品
 太陽電池、ランプ、電源
 タンク、ファン、抵抗器等




燃料電池カタログダウンロード
(1700KB)












このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。















































































































































































































































































































燃料電池実験装置
教育用燃料電池
チュートリアル スチューデント セット
チュートリアル ハイランナー
ジュニアベーシック
PEMFC Kit
チュートリアル RFC セット
燃料電池カー科学キット
燃料電池学習キット
燃料電池カー
メタノール燃料電池
燃料電池分解組立キット
固体高分子膜
電気分解セル
セル・スタック




燃料電池実験装置


燃料電池のしくみをわかりやすく理解するために、特別に設計された教育用燃料電池セットです。
水の電気分解によって水素と酸素を発生、蓄えられた水素と酸素を利用して燃料電池が電気を発生し、電動モータ(ファンや車輪)を回したり、ランプを点灯させます。


品番:J101  燃料電池実験キット ジュニアベーシック


クリックすると画像が拡大します


燃料電池のしくみを理解する上で最も簡単なシステムです。
太陽電池、電気分解セル、水素及び酸素貯蔵タンク、燃料電池セル、ファンで構成されており、別売のビデオライト(A149)を使用した太陽電池や電源(A145)によって蒸留水を電気分解し、発生した水素と酸素が燃料電池で電気を生み出し、電動ファンを回転させます。
運転には、キットの他に別売りの電源や蒸留水が必要となります。
(日本語版取扱説明書付属)

 J101取扱説明書ダウンロード 2075KB
【J101仕様】
寸 法 :150H x 300W x 150Dmm
重 量 :600g
許容操作圧力:0 - 20 mbar

太陽電池:
有効面積:約60cm2
開放電圧:約2000mV DC
動作電流:約350mA

水電気分解セル
水電気分解セル数 :1
電極触媒面積:17 x 17mm
操作媒体 :蒸留水、σ < 2 μS/cm
許容動作電圧:0 - 2000 mV DC
許容動作電流:0 - 1500 mA
定格消費電力:約1500mW
H2ガス定格発生量:約 5 cm³/min
O2ガス定格発生量:約 2.5 cm³/min

ガスタンク
H2側H2O容量:約40 ml
O2側H2O容量:約40 ml
H2ガス貯蓄容量:約30 cm³
O2ガス貯蓄容量:約30 cm³

燃料電池セル 
燃料電池セル数:1
電極触媒面積:17 x 17mm
開放電圧:約 1000mV DC
短絡電流:約 2000mA
定格出力:約 500mW
定格時H2ガス消費量:約 9.5 cm³/min
定格時O2ガス消費量:約 4.75 cm³/min

ファン
許容動作電圧:0 - 1000 mV DC
許容動作電流:0 - 20 mA
定格消費電力:約 10mW


別売アクセサリ  品番をクリックすると製品サイトが開きます
A149 ビデオライト300
A145 電源
A115 電池ケース
A129 測定セット
 

 
※商品の発送予定は、ご注文受付後にメールにてご連絡いたします。1万円以上お買い上げで送料無料。
誠に申し訳ございませんが、製品が品切れの場合、ご発送までに約30日かかる場合がございますので予めご了承ください。
  

ページ上部に戻る
品番:T126  燃料電池実験キット チュートリアルベーシック

T126燃料電池実験装置
クリックすると画像が拡大します

燃料電池の特性を学習するために設計された実験キットです。
キットは太陽電池、電気分解セル、水素及び酸素貯蔵タンク、燃料電池セル、電気ファンで構成されており、配置図が描かれたスチールプレート上に配置(マグネット式)して実験を行います。

別売のビデオライト(A149)や電源(A145)を利用して蒸留水を電気分解し、貯蔵された水素と酸素が燃料電池で電気を生み出し、電動ファンを回転させます。
運転には、キットの他に別売りの電源や蒸留水が必要となります。
(英語版取扱説明書付属)

 T126取扱説明書ダウンロード 4160KB

T126仕様】
水電気分解セル :1W
:水素発生量約5cm3/min
:酸素発生量約2.5cm3/min
燃料電池セル出力 :水素/酸素 約500mW
  :水素/空気 約150mW
ガスタンク :水素30cm3  酸素30cm3
太陽電池 :2.0V/600mA
ファン :10mW
寸 法 :140H×450W×380Dmm
重 量 :1.25Kg


収納ケース
別売アクセサリ  品番をクリックすると製品サイトが開きます
A149 ビデオライト300
A145 電源
A115 電池ケース
A129 測定セット
 
 
※商品の発送予定は、ご注文受付後にメールにてご連絡いたします。1万円以上お買い上げで送料無料。
誠に申し訳ございませんが、製品が品切れの場合、ご発送までに約30日かかる場合がございますので予めご了承ください。
 

ページ上部に戻る
品番:T203  燃料電池実験キット チュートリアルプロ

T203燃料電池実験装置 

燃料電池の特性を学習するために設計された実験キットです。
キットは太陽電池、電気分解セル、水素及び酸素貯蔵タンク、燃料電池セル、電気ファンで構成されており、スチールプレート上に配置(マグネット式)して実験を行います。
また電気モータ付き自動車に燃料電池及び水素タンクを搭載して、実際に自動車を走らせることができます。

分解・組立てが出来る固体高分子型燃料電池(PEMFC Kit)は、内部構造を理解すると共に、水素と酸素(又は空気)を供給することで電気を発生します。

実験要領書(日本語)が付属されます。
別売のビデオライト(A149)や電源(A145)等を利用して蒸留水を電気分解し、水素と酸素生成してください。
運転には、キットの他に別売りの電源や蒸留水が必要となります。
(日本語版取扱説明書付属)


 T203取扱説明書ダウンロード 2347KB

T203仕様】
水電気分解セル :1.16W
:水素発生量約5cm3/min
:酸素発生量約2.5cm3/min
燃料電池セル出力 :水素/酸素 約500mW
  :水素/空気 約150mW
燃料電池分解組立キット :水素/酸素 約500mW
  :水素/空気 約180mW
ガスタンク :水素30cm3  酸素30cm3
太陽電池 :2.0V/600mA
ファン :10mW
収納ケース寸法 :130H×400W×300Dmm
重 量 :3.6Kg

燃料電池システム

水素ガスステーション
   

燃料電池分解組立キット

燃料電池自動車
 
 
別売アクセサリ  品番をクリックすると製品サイトが開きます
A149 ビデオライト300
A145 電源
A115 電池ケース
A129 測定セット
ホルダー板セットは背面にマグネットが付いており、ホワイトボード等の壁面に取り付けて実演ができる指導者向けのキットです。
 クリックすると画像が拡大します
 

※商品の発送予定は、ご注文受付後にメールにてご連絡いたします。1万円以上お買い上げで送料無料。
誠に申し訳ございませんが、製品が品切れの場合、ご発送までに約30日かかる場合がございますので予めご了承ください。
  

ページ上部に戻る
品番:T207  燃料電池自動車キット

このキットは太陽電池、リバーシブル燃料電池(単セル)、ガスタンクx2本、自動車シャーシで構成されています。
リバーシブル燃料電池に電気(別売りの電源又は乾電池)を供給して、水素と酸素を発生、貯蔵タンクに蓄えます。
今度はリバーシブル燃料電池に、タンクに蓄えた水素と酸素(空気)を供給して、電気を発生、自動車シャーシを動かします。
水素貯蔵時間は電源使用で約4分です。
運転には、キットの他に別売りの電源や蒸留水が必要となります。(英語版取扱説明書付属)

 T207取扱説明書ダウンロード 3306KB

T207仕様】
リバーシブル燃料電池セル
水電気分解モード :1.16W
:水素発生量約5cm3/min
:酸素発生量約2.5cm3/min
燃料電池モード :水素/酸素300mW
:水素/空気100mW
ガスタンク :水素30cm3  酸素30cm3
太陽電池 :2.0V/600mA
:150mW
ケーブル25cm :赤1本 黒1本
寸法 :100H×115W×260Dmm
重量 :1.3kg

ソーラーカー
別売アクセサリ  品番をクリックすると製品サイトが開きます
A149 ビデオライト300
A145 電源
A115 電池ケース
A129 測定セット
クリックすると画像が拡大します

 
※商品の発送予定は、ご注文受付後にメールにてご連絡いたします。1万円以上お買い上げで送料無料。
誠に申し訳ございませんが、製品が品切れの場合、ご発送までに約30日かかる場合がございますので予めご了承ください。
 

ページ上部に戻る
品番:T211  再生可能エネルギー実験キット

T203
燃料電池実験キットにA162風力発電機セットとA129測定セットが加わったものです。
水素を使用した燃料電池実験、太陽電池の発電実験、風力発電機のブレード角度や枚数を変えて風力エネルギー実験を行い、異なる3種類の発電実験から再生可能エネルギーについて実習します。

実験に必要な全ての部品が実験要領書と共に二つの収納型ケースに収められており、別売りのスポットライトや卓上型ファンを使用して、室内での太陽電池・風力実験を行う事ができます。運転には、キットの他に別売りの電源や蒸留水が必要となります。
(日本語版取扱説明書付属)

 T203取扱説明書ダウンロード 2347KB
 A162取扱説明書ダウンロード 2079KB
 A129取扱説明書ダウンロード 2206KB


T203燃料電池実験装置

風力発電機セット
 
 

測定セット配線状況
T211仕様】
電気分解セル :1.16W
:水素発生量 約5cm3/min
:酸素発生量 約2.5cm3/min
燃料電池セル出力 :水素/酸素 約300mW
:水素/空気 約100mW
燃料電池分解組立キット :水素/酸素 約500mW
  :水素/空気 約180mW
ガスタンク :水素30cm3  酸素30cm3
太陽電池 2台 :2.0V/600mA
風力発電機

:最大出力 約6.0V/0.3A
 ローター直径 約420mm
 羽根枚数6枚

抵抗器(8種類の抵抗) :最大1.2W
  0/0.1/0.33/1.0/3.3/10/33/100/330/∞Ω
デジタルマルチメータ :2台
ファン :10mW
自動車負荷 :150mW
収納ケース x2 :130H×400W×300Dmm x2
重量 :3.6kg + 4.0kg


別売アクセサリ  品番をクリックすると製品サイトが開きます
A149 ビデオライト300
A145 電源
A115 電池ケース
T211FAN
卓上ファン(風量調整:3段) 羽根直径45cm

燃料電池システム

水素ガスステーション

燃料電池分解組立キット

燃料電池自動車

 
※商品の発送予定は、ご注文受付後にメールにてご連絡いたします。1万円以上お買い上げで送料無料。
誠に申し訳ございませんが、製品が品切れの場合、ご発送までに約30日かかる場合がございますので予めご了承ください。
 

ページ上部に戻る






Copyright(c)2016 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved