メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 オンラインショップ 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ
 TOPページ
 水理工学TOP
   
 水供給装置 
H1F ハイドロリックベンチ
   
 水の流れ 
H5 ベンチュリメータ実験装置
H6 せき実験装置
H10 流量計測実験装置
H40 流量計の特性実験装置
   
 管水路の損失水頭
H7 管摩擦損失実験装置
H16 配管の圧力損失実験装置
H34 配管のエネルギー損失実験
H408 配管の損失水頭実験装置
   
 ポンプとタービン
H18 フランシスタービン実験装置
H19 ペルトンタービン実験装置
H31 水槌ポンプ実験装置
  H83 直列と並列渦巻ポンプ実験
H47 渦巻ポンプ実験装置
MFP100 ユニバーサルダイナモ
MFP101 渦巻ポンプとタービン
MFP102 軸流ポンプ実験装置
MFP103 容積移送型ポンプ実験
   
 噴流と衝突、キャビテーション
H4 オリフィスの流れ実験装置
H8 ジェット流衝突実験装置
H33 オリフィス流れと噴流軌道
H400 キャビテーション実験装置
   
 流れの可視化
H9 ヘルショウ実験装置
H13 渦流実験装置
H215 レイノルズ数と遷移流実験
   
 水撃作用とウォーターハンマー
TE58 水槽と貯水タワー
TE86 ウォーターハンマー
H405 サージタンクと
     ウォーターハンマー
   
 開水路(傾斜可変式)
FC50-2.5 
 2.5M(53x120)開水路
FC80-2.5
 2.5M(80x250)開水路
FC80-5
 5M(80x250)開水路
FC300-5/7.5/10
 5/7.5/10M(300mm)開水路
   
 流体静力学
H2 浮遊物安定性実験セット
H3a 圧力計補正実験装置
H11 静水圧実験装置
H30 圧力計測実験装置
H314 流体静力学実験装置
H311 液体の沈澱特性実験装置
   
 水工学(降雨、浸透)
H312 浸透水の可視化
H313 降雨シミュレーション




水理工学実験装置カタログダウンロード(PDF4000KB)・・・・右クリックで対象を保存



このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。

























H408 配管の損失水頭実験装置 Fluid Friction Apparatus


 
クリックすると画像が拡大します
 
 
さまざまな管や継手の圧力損失、流量の計測技術について実験する装置で、本体と計測用マノメータで構成されます。
計測器、直管、曲がり管部品を含んだ3種類の経路を利用して、各部品の特性をマノメータと差圧計を使用して調査、比較します。

一般的な計測方法、ベルヌーイ定理の応用を学ぶと共に、ベンチュリ管とオリフィス板の圧力損失比較、急拡大管の圧力損失を求めます。
また装置内のピトー管システムは透明配管断面方向の流速分布と流量係数を導き出します。

実験には、水供給及び流量計測用のH1Fハイドロリックベンチ(別売)が必要となります。
 
H408 仕様
本体寸法 :2800L x 800D x 1850H mm 
本体重量 :約130kg
マノメータ寸法 :500L x 600D x 1700H mm
マノメータ重量 :約27kg
付属品  計測用シリンダ、接続チューブx6本
 圧力調整手動ポンプ
構成
平滑管:φ4mm.φ13.6mm,φ17mm,φ26.2mm
曲り管:R50,R100,R150,マイタベンド
エルボ:R13.6
急拡大管:φ13.6-26.2mm,φ26-52mm
急縮小管:φ26.2-13.6mm
オリフィス径:φ20mm
ベンチュリ管:φ16-26mm
人工的に粗らした管:φ17mm、有効φ14mm
インラインストレーナ:2種類
バルブ種類:ゲートバルブ、グローブバルブ、ボールバルブ


必須装置(別売)
 H1F  ハイドロリックベンチ
 
 
【装置構成図面】
クリックすると画像が拡大します 高等専門学校様 H408 & H1 F設置例
クリックすると画像が拡大します。
 

 ページ上部に戻る
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199  E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved