教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ




 TOPページ
 空気力学実験装置TOP



 AF10
 空気力学実験装置
 AF1125 近日公開
 卓上型風洞実験装置125mm
 AF1300
 小型風洞実験装置300mm
 AF1450 近日公開
 亜音速風洞実験装置450mm
 AF1600 近日公開
 亜音速風洞実験装置600mm
 AF80
 スモーク風洞実験装置
 AF41
 
飛行実演風洞実験装置
 AF27
 ノズル噴流実験装置
 AF300
 超音速風洞実験装置
 AF302
 連続超音速風洞実験装置
 AF300a
 シュリーレン装置
 MFP104
 レシプロ式コンプレッサ実験装置
 MFP105
 ターボファン送風機実験装置
 MFP106
 多翼ファン送風機実験装置
 MFP107
 軸流ファン実験装置
 VDAS
 データ自動収集システム



このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。


















































































































































AF41 飛行実演風洞実験装置  Flight Demonstration Wind Tunnel

空気力学カタログダウンロード 2000KB


参考写真 クリックすると画像が拡大します。
航空機の離陸、飛行、着陸における広範囲な実験を行うために特別に設計された装置です。

吸込み式の開放型風洞内に航空機モデルが取付けられています。航空機は2枚のプロペラ、翼弦長152mmの主翼(NACA2412)、翼弦長76mmの全浮動式尾翼で構成されています。

ベルマウスから流入した空気は、整流ハネカム、航空機を備えた実験エリア、拡散胴、軸流ファン、消音ダクトを通って装置から排出されます。

実験エリア正面にある操縦輪は、航空機モデルの尾翼角度を操作し、右側のエンジンスロットルを模したレバーは風洞内の風速を制御します。
エリア内の流速、航空機の姿勢(角度)、揚力又は高度が実験エリア上部にデジタル表示されます。




航空機は実験エリア背面にあるサスペンションシステムと接続されており、翼弦の1/4を中心に自由に旋回するよう支持されています。サスペンションシステムにある可動ウエイトによって機体の重心を変える事ができます。

オプション(別売)のチャートレコーダを接続することで航空機モデルの動きを観察できます。又左翼に付けられたタフトは、流れの付着と剥離現象を表しますが、オプション(別売)の煙発生装置(AFA10)を使用することで、より効果的に観察できるでしょう。




AF41仕様:
寸法
:L2300 x D1000 x H1600Hmm     
重量 :262Kg
実験エリア :D225 x H450mm
風洞ファン :軸流型
最大流速 :21 m/s (41ノット)
空気流速制御 :スロットルによる3相インバータ制御
モデル翼型 :NACA2412
モデル長さ :440mm
モデルスパン :220mm
主翼翼弦長 :152mm
尾翼翼弦長 :76mm
翼面積 :0.33m2
翼弦点間の寸法 :228mm(主翼1/4から尾翼1/4)
機体の有効重量 :5ニュートン
慣性モーメント :0.03kgm2 (1/4翼弦点)
電源 :単相AC200 3kW 50/60Hz
必要設置面積 :3m x 2m(風洞前後3mの空間が必要)
騒音レベル :84dB
附属品 :チャートレコーダ用接続コード
チャートレコーダ出力
ロードセル用予備コード
  制御装置用の鍵2本
  姿勢-5度(0V)、+20度(4.1V)
  高度0mm(0V)、315mm(4.1V)
  揚力0N(0V)、30N(4.1V)



学校様設置状況 動画


オプション(別売)
 2ペン・チャートレコーダ AF41a
ペーパー幅:100mm,
記録計:2ペン
測定周期: 125ms
入力レンジ: DCV/TC/RTD/DI





 ペーパレスレコーダ AF41y  
入力チャネル: 10
測定周期: 100/200/500ms、1/2/5s
内部メモリ: 500MB
記憶媒体: SDメモリカード/USBメモリ(/UH)
入力レンジ: DCV/TC/RTD/DI
UH: USBインターフェース



 煙発生装置 AFA10  
航空機周りの空気流れを観察します。植物油供給装置と電気ヒータ制御装置で構成されており、油供給量とヒータ出力ボリュームを調整して煙(油滴)発生量を制御します。



 



 
金沢工業大学様 設置状況写真
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199  E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved