メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ 求人情報
 TOPページ
 
エネルギー・熱工学TOP
 熱伝達・熱伝導・熱交換TOP


 TD1
 強制対流熱伝達実験装置

 TD360
 熱交換実験装置

 TD400
 温度計測と校正実験装置

 TD1000
 ボイルの法則実験装置

 TD1001
 シャルルの法則実験装置


 TD1002
 熱伝導実験装置
 TD1005
 自然・強制対流熱伝達
 実験装置

 TD1006
 ボイラー実験装置

 TD1007
 空冷式熱交換実験装置
 TD1008
 ペルティエ効果とゼーベック効果
 実験装置

 TD1011
 自然対流と熱放射実験装置

 TD1050
 スチームエンジンと
 エネルギー変換実験装置

 TD2015
 PρTx性質測定実験装置
 TE78
 沸騰と凝縮熱伝達実験装置
 TE93
 直行流式熱交換実験装置


 VDAS
 データ自動収集システム
 



このマークのリンク先はPDFファイルです。アドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。





































































































































































 
TD1002 熱伝導実験装置


各種金属の熱伝導率や熱伝達率を比較、検証するための卓上型実験装置です。

ヒータ電力供給と測定データ表示器からなる熱伝達実験装置で下記オプションTD1002a〜d(別売)のいずれか1つを取付けて実験を行います。
熱伝達実験装置(TD1002)はオプション装置のヒータへ可変電流を供給し、安全スイッチがヒータの過熱を防止します。
装置右側の予備スペースには、オプション(別売)のデータ自動収集システムVDAS-F(別売)を取付けることができ、データ自動収集システムを使用することで、各種データをリアルタイムにPC(別売)に収集・解析することができます。

 エネルギー&熱工学カタログダウンロード 3600KB


熱伝導実験装置
VDAS-F(別売)の画面図
クリックすると画像が拡大します
写真にはオプションTD1002aとVDAS-Fが含まれています。


必須オプション(別売)
※実験にはいずれかの一つの装置が必ず必要です。
線方向熱伝導装置 TD1002a
半径方向熱伝導装置 TD1002b
拡大面熱伝達装置 TD1002c
液体とガス熱伝達装置 TD1002d

オプション(別売)
データ自動収集システム VDAS-F

TD1002仕様
寸法・重量
電   源
必要設備
:650mm×480mm×H590mm、約24kg
:AC100V 5A  50/60Hz
:不純物の少ない給水源(水道水)5〜15℃
 排水設備
 供給水温が15℃以上の場合は、冷却機等で冷却された水を使用してください。
熱電対接続口 :K型熱電対接続口x7ヶ所(分解能0.1℃)、精度±0.3℃
ヒータ最大出力
ヒータ最大温度
操作温度範囲
:100W(分解能0.1W)
:約100℃(120℃で自動停止されます)

:+5℃から+40℃

 オプション(別売)
TD1002a 線方向熱伝導装置
線方向熱伝導装置
クリックすると画像が拡大します
棒状の標準試料と測定試料を熱貫流する際の温度を読取り、温度傾斜法から各種金属の熱伝導率を測定する装置です。

装置は3種のパーツから構成されおり、電気ヒータと3つの熱電対、水冷装置と3つの熱電対、試験片(中間部)と1つの熱電対に分けられます。
水冷装置に冷水を流し、装置温度が平衡状態に達するまでヒータ電力を調節した後、熱が棒に伝わっていく温度を記録します。

金属棒周りは断熱されているので、対流と放射による熱損失が減じられ、線形熱伝導理論により結果を得る事ができます。


寸法・重量
390mm×280mm×H130mm、約4kg
棒素材 :黄銅(タイプCZ121)
素材寸法 :直径30mm、断面積0.000707m2
付属試験片 :交換可能な中央部品
 黄銅(棒全体が一本の黄銅棒になります) x1
 アルミニューム x1
 ステンレススチール x1
 銅 x1
試験片寸法
熱電対位置
:直径30mm、断面積0.000707m2、厚さ20mm
:金属棒中央、20mm均等間隔に7ヶ所
線方向熱伝導装置
クリックすると画像が拡大します

線方向熱伝導装置
TD1002b 半径方向熱伝導装置
半径方向熱伝導装置
クリックすると画像が拡大します
中心部に電気ヒータのある円板試験片(直径175mm、厚さ5mm)と、その周囲を流れる冷却パイプで構成されています。

円板中央のヒータから半径方向へ放射状に伝導される熱の温度分布を測定します。
冷水を流して、装置温度が平衡状態に達するまでヒータ電力を調節し、円板にある7ヶ所の熱電対によりヒータから外周方向に伝わっていく温度を測定します。
円板周りは断熱されているので、対流と放射による熱損失が減じられ、半径方向熱伝導理論により結果を得る事ができます。

寸法・重量
390mm×280mm×H170mm、約5.3kg
ディスク素材 :黄銅(タイプCZ121)
ディスク寸法 :直径176mm、厚さ5mm
熱電対位置 :半径10mm均等間隔に7ヶ所
半径方向熱伝導装置
クリックすると画像が拡大します

半径方向熱伝導装置
TD1002c 拡大面熱伝達装置
拡大面熱伝達装置
クリックすると画像が拡大します
一端に電気ヒータが取り付けられた黄銅製の棒試験片(直径10mm、長さ300mm)です。
棒には、放射率が矛盾なく予測可能な値となるようにつや消し黒色コーティングが施されています。

熱は棒に沿って伝導し自然対流と放射によって周囲に伝達していきます。等間隔に配置された熱電対により棒表面の温度を
測定し、実験結果から棒に沿う温度と熱の流れを予測します。

寸法・重量
430mm×280mm×H90mm、約2kg
棒素材 :黄銅(タイプCZ121)
棒寸法 :直径10mm、断面積0.0000785m2
素材露出長さ300mm
熱電対位置 :50mm均等間隔に7ヶ所
拡大面熱伝達装置
クリックすると画像が拡大します

拡大面熱伝達装置
TD1002d 液体とガス熱伝達装置
液体とガス熱伝達装置
クリックすると画像が拡大します
3本のシリンダーからなるこの装置は、円筒管中心に電気ヒータ(熱源)シリンダー、その周囲に試験流体(液体又はガス)を充填するためのシリンダー、その周囲に水冷却用シリンダーで構成されています。
電機ヒータ出力と冷却水循環量を調整し、液体又はガスの熱損失を計測します。
試験液体又はガスのシリンダー内壁と外壁温度を計測し、デジタル表示します。シリンダー両端の熱絶縁体キャップは、熱損失を最小限に抑えていますが、熱損失を考慮に入れながら測定することにより実験の精度を上げることができます。


寸法・重量
:430mm×280mm×H150mm、約6kg
シリンダー長さ :0.1m
すき間寸法 :0.3mm(試験流体用空間)
表面積 :0.0126m2
推奨試験流体 :乾燥空気、ひまし油、二酸化炭素(炭酸ガス)

液体とガス熱伝達装置
クリックすると画像が拡大します
※注意
試験液体として水を使用した場合、この装置での伝導性は高すぎる結果となります。

この装置は黄銅、アルミ、テフロン、ナイロン、ニッケルメッキ部品から作られています。装置の部材と反応しない試験流体を使用してください。
 


熱伝導実験装置

 高専様 設置状況写真
クリックすると画像が拡大します
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199  E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved