メガケム

株式会社 メガケム
教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ オンラインショップ
 TOPページ
 エネルギー・熱工学TOP
 熱工学TOP
 (熱力学と伝熱工学)
   
 TD1
 強制対流熱伝達実験装置

 TD360
 熱交換実験装置

 TD400
 温度計測と校正実験装置

 TD1000
 ボイルの法則実験装置

 TD1001
 シャルルの法則実験装置

 TD1002
 熱伝導実験装置

 TD1005
 自然・強制対流熱伝達
 実験装置

 TD1006
 ボイラー実験装置

 TD1007
 空冷式熱交換実験装置
 TD1008
 ペルティエとゼーベック効果
 実験装置

 TD1011
 自然対流と熱放射実験装置

 TD1050
 スチームエンジンと
 エネルギー変換実験装置

 TD2015
 PρTx性質測定実験装置
 TE78
 沸騰と凝縮熱伝達実験装置
 TE93
 直行流式熱交換実験装置

   
 VDAS
 データ自動収集システム

   
   
   
   熱工学実験装置カタログ
   ダウンロード 3600KB
   
   
   
   

このマークのリンク先はPDFファイルですアドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。






















































































 
TD1050 スチームエンジンとエネルギー変換実験装置
TecQuipment社 熱工学実験装置サイトへ 
 
 
ボイラーとスチームエンジンを利用して熱エネルギー変換と動力測定、熱力学の基本原理を学びます。
給水ポンプによって貯水槽から組み上げられた水はボイラーで過熱され蒸気となって2気筒スチームエンジンを駆動します。エンジンを出た蒸気は水冷式コンデンサを通過し排水タンク又は蒸気量計測容器へ入ります。

スチームエンジンに接続された手動式負荷装置は、エンジン回転速度とトルク、出力を測定、熱電対がボイラー内温度、絞り熱量計温度、コンデンサ用冷却水の出入口温度を測定しデジタル表示します。絞り熱量計は熱量から蒸気の乾き度を測定します。
2個のアナログゲージはボイラーとエンジンの入口圧力を表示し、電気メータはヒータ電力を表示します。
ランキンサイクルの解析とウィランズ線図を含むスチームプラント性能の検証、飽和蒸気のボイラー実験により圧力と温度との関係を明確にします。

安全のためボイラー内水位低下によりヒータが過熱した時、ヒータは自動停止しランプが点灯します。またボイラーの安全弁が圧力を制限します。
オプション(別売)のデータ自動収集システム(VDAS-F)を使用することで、各種データをリアルタイムにPC(別売)に収集すると共に、実験結果を解析することができます。


 熱工学(熱力学と伝熱工学)実験装置カタログダウンロード 3600KB
 
 

クリックすると画像が拡大します
上記写真には別売りのVDAS-Fが含まれています

VDAS-F(別売)の画面図



システム参考図 クリックすると拡大します

スチームエンジン参考図 クリックすると拡大します
 ページ上部に戻る
 
オプション(別売)
データ自動収集システム VDAS-F
 
 
TD1050仕様

寸法・重量 :1000 x 800 x H1700、約190kg
電 源 :AC200V/40A 、単相又は三相、50/60Hz
モータ出力 :約80W(2000rpm時)
電気ヒータ :2個
最大圧力 :約350kPa(安全弁設定400kPa)
スチームエンジン :2気筒、26cc、内径25.4mm、行程25.4mm
エンジンオイル :ENSISオイル、20W/30又は20W/50
給油装置用オイル :Duckhams GALREX8(スチームオイル)
ヒータ :投入式ヒータ2個、温度スイッチ付き
ヒータ出力 :3kW / 1個
ボイラー安全弁
:4bar(約3.5barから作動)
熱電対 :K型熱電対x4ヶ所
必要設備 :不純物の少ない冷水(2.5L/min)、排水設備
操作温度範囲 :+5℃から+40℃
 
 ページ上部に戻る
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199
E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved