メガケム

教育機器の設計・製作・輸入販売
新商品 会社概要 お問合せ ニュース サイトマップ オンラインショップ
 TOPページ
 建築・土木工学TOP
 構造力学実験装置TOP
     
 STS1  STSベースユニット
 STS2  梁の曲げモーメント
 STS3  梁のせん断力
 STS4  梁のたわみ
 STS5  梁の断面性能
 STS6  ねじり
 STS7  非対称曲げとせん断中心
 STS8  ピン接合平面トラス
 STS9  3ピンアーチ
 STS10  2ピンアーチ
 STS11  固定アーチ
 STS12  支柱の座屈
 STS13  連続梁と不静定梁
 STS14  湾曲バーとダビット
 STS15  梁の塑性変形
 STS16  ラーメン構造の塑性変形
 STS17  多重トラス
 STS18  ラーメン構造たわみと反力
 STS19  吊り橋
 STS20  ラーメン構造の曲モーメント
 STS21  ゲルバー橋
 STS22  単純梁の反力
     
     
     
     
 構造力学実験装置カタログ
   ダウンロード 3000KB
     
     
     
   
   

このマークのリンク先はPDFファイルですアドビシステムズ社サイトにて無料で配布されています。



































































 
STS10 2ピンアーチ実験装置 
TecQuipment社 構造力学実験装置サイトへ 
 
 
 
STS10参考写真 クリックで画像拡大
※上記写真には別売のSTS1ベースユニットとコンピュータが含まれています
 
2ピンアーチ構造における鉛直荷重と水平反力の関係、特性を実験します。
アーチの一方はピン支点、反対側はローラ支点となっており、STSベースユニット(別売)に付属されるVDASソフトウェアが、アーチ右端部の水平反力(N)をリアルタイムに表示します。
また、VDASソフトウェアでは支点間長さ、荷重を変えて支点反力と水平反力の理論値シミュレーション実験が行えます。
実験には、STSベースユニット(別売)とコンピュータ(別売)が必要です。
 
 
集中荷重実験 ソフト参考画面 等分布荷重実験 ソフト参考画面
   
集中荷重シミュレーション ソフト参考画面
支点間長さ、等分布荷重を変えて理論値を算出
等分布荷重シミュレーション ソフト参考画面
支点間長さ、等分布荷重を変えて理論値を算出
 
VDASソフト(別売 STS1に付属)クリックすると画像が拡大
 ページ先頭へ戻る
 
STS10 仕様
スパン
ライズ
荷重位置
付属品

寸法・重量
:500mm
:100mm
:9ヶ所、50mm間隔
:重りハンガー9本、重り20gx50枚
 実験要領書
:W660 x D100 x H320mm  約6Kg
 
   
必須オプション(別売)※実験には必ず必要です。
 STS1 STSベースユニット
寸法 :W1062xD420xH295mm  重量:約16kg
付属品:PCインターフェース、VDASソフトウェア
 
 
 
 ページ先頭へ戻る
メガケム 〒226-0024 横浜市緑区西八朔町149-8
TEL:045-937-5188  FAX:045-937-5199
E-Mail:office@megachem.co.jp
Copyright 2013 MEGACHEM CO.,LTD. All Rights Reserved